最近、弦交換が面倒なので、解決策を考える

この記事は5年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

ここのところ忙しくてギター弾けてません。昨夜もダメだった。

むぅ。。。ストレス。

さて、ブログ友のブログを拝見していて弦交換の話題があったので、それで気づきました。

最近、弦交換してないな、と。

一時期は、なにかといえば弦交換してたような気もするのですが、ここ半年くらい、可能な限り弦交換しないようになっている気がします。

ライブ前はしょうがないので変えるのですが、それ以外、あまり変えてない。

もったいないとかそういうことではなくて、、、

ただ、めんどくさい。

弦交換がとてもめんどくさい。

新しい弦はきもちいいですし、正直、数日前弾いた時も変えたいと思いました。
でも変えられない。

めんどくさいから。。。

そんな時、あるギタ友を思い出しました。

彼は弦交換は基本、自分ではしない漢です。

じゃあ、どうするかというと、ショップにやらせるのです。
ショップに持って行って「換えよ」と命じるのみです。

最初聞いた時は、そんなギターライフがあるのか、と目からウロコでしたw
初心者でやり方わからないから変えてもらう、とかならよくある話で、むしろ良い話です。でもそんなんじゃないのです。

私は密かに彼のことを「ギター界の貴族」と呼んでおりますw

(ギター界の貴族のイメージ)

高貴な存在は、自分で弦交換などせんのです。

ふーむ、なるほど。

じゃあ自分もギター界の貴族になろうか。。。まずは男爵あたりから貴族の一員になろうかと。

しかしそれにもハードルが。。。

・・・店に持って行くのめんどくさい。

むしろ自分で変えるよりもめんどくさいww

救いがないですww

公爵くらいになれば、ショップに持っていかなくても、ショップが家に来るようになるのでしょうか。それとも、弦交換したいと思って手を叩いたら誰かが自宅にくる、というのは王として即位しない限り無理でしょうかね。

そういえば、Gibsonが、自動チューニング機構をレスポールに搭載していましたが、私は思いますね。

弦交換を自動でしてくれるなら買う、と。

だれか機械工学科出身のギタリストが、いつか「自動弦交換機」を作らないだろうか。

自動弦交換機を作るベンチャーが出現したらぜひとも少し出資させていただきたいww
その時は、まずはレスポール対応からお願いしたいです。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました