稽古2回目は好調で3回目は乱れる

本年、稽古3回目を終えました。

2回目は好調。

左手を前で振る感覚を自宅で素振りやイメトレしており、この日はある程度それができたんじゃないかと思う。

飛び込み面がよく当たった。左手を絞るように前に出して右でも押してるような感じで、ほとんどの相手にこの飛び込み面を打ち込むことができました。

相手の圧力も以前だったら崩れるところをしっかり受けることができて、自分的に収穫の多い稽古でした。

しかし、家に帰って面打ちの素振りというか、手竹刀みたいなのでイメトレしてたら、なんか右腕がすごく痛い。

なんか痛めたらしい。なんだろう。。。

そして稽古3回目。良いイメージを持って望んだのですがこの日はどうもだめ^^;

やたらに出小手をもらう。

ある先生に、打つ前に抱えてるような感じとの指摘を受ける。

あらー。。。それを直そうとして前日はそれなりにできたんじゃないかと思ってたのに、どうも勘違い、あるいは元に戻ってしまったようです。

非常に動きの速い方ばかりなので、どうも機会を捉えるより当てに行こうとしすぎていたのかもしれない。昨日は前で振ることしか考えてなかったのに、今日はちょっと当てっこのノリになっていたかもしれないと反省。

コメント

タイトルとURLをコピーしました