PRSは何本あってもいい説

スポンサーリンク

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

一番好きなギターは総合的にやっぱりレスポールなんですが、2013年にJPを買って以来、レスポールが欲しくなったことがないです。

まあ、ゴールドトップいいな、萌え!くらいはあるのですが、実際には、うーん、、、まあいらないか。JPあるし。となってしまってました。

レスポールはJPによって自分的には完結してしまい、もうなにも思い残すことがないのかもしれない。

その点、PRSはいかん。

正直、色さえ違えば何本あってもいいとすら思う。。。

そんな中、ここ最近ではこれがグッと来ますね。

Graveyard 2。

ヘッドのインレイはやや厨二臭がするような気もするが、かっこよす。

そもそも次に買うなら赤いギターと思ってるのと、モカのオーダー時に悩んだのがこのスワンプアッシュのバックという仕様だったんですよね。そういう意味では、またいいところを突かれていて困る。

そういえば、minamiさんかマーラさんが言ってたのですが、これで指板がWalking Zombiesだったらおもろいよね、と。まあやりすぎかもですがおもろいですね。Graveyardでゾンビで、統一感ありw まあでもイロモノになりすぎるかw

それにしてもGraveyardは出たばっかなのに早くも2とは驚きですね。ジョンメイヤー のSuper Eagleもそんな感じだったか。

初代は実物はみてませんが、良さそうでしたけどね。ただ、カラーリングに関しては2のほうが全然好きだな。

さて、Gibsonも頑張っていろんな色のレスポール出したりしてますが、どうもこうハマらない気がする。

Gibson Customのインスタとかみてると、PRSばりにいろいろな工夫してる感じなのですが、どうも洗練度が足りない印象が個人的にするのです。

まあデザインなど個人の好みの領域なので、別にGibsonがダメってことはないのでしょうけども、PRSのほうが個人的にしっくりくる。

Fenderの最近の変なシリーズもグッとくる。

パラレルユニバースでしたっけ?

もともとヴィンテージ志向が薄いので、ああいう変なシリーズに惹かれますw

うちのシロスケも、Mischeif Makerというあのシリーズっぽい系統のものだし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました