ストラトもどきらの音色比較

 
シングルっぽい音がでるので、自分の中ではモダン・ストラト扱いなピートソーンシグネチャーですが、ちゃんとしたストラトと比較したらどれくらい違うか調べようということで録音してみました。
 
・・・
 
が、シロスケも「ちゃんとした」ストラトではなかったのだった。
なぜならテレキャスターネックだから。
 
 
まあ、でもストラトでいいでしょう。
フェンダー製だし。(乱暴)
 
 
 
メイプル指板だし、シロスケのほうがハイがキャリンとするだろうし、弾いた感じ、ピートソーン(以下PT)のほうが重心低くてファットな音がするので、まあそんな感じの結果が、ちゃんと記録されるだろうと予想しつつやってみる。
 
ちなみに、どちらもネックPUで、ピートソーンシグもタップされてシングル状態です。アウトサイドだけ使われてる状態のはずです。
 

 

 

まあ、、

そんな感じですね!

 

あとシロスケはローの感じが全然ちがいますね。歪むというか割れる感じがありますが、PTのほうはクリアに鳴ってるので、その辺がモダンっぽく聴こえるのかなと思った。

 

これ、同じくミドル厚めの音がするシルバースカイあたりと是非比較してみたいところですね。

 

ちなみにこれは、US Deluxe Nrm というアンプモデルなので、デラリバのノーマルチャンネル側ってことなんでしょうね、きっと。AC30で作った高音がキラキラとチャイムな感じではなくて、ファットでウォームな感じのクリーンということで作ったプリセットでした^^

 

 

 

 

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました