本日の研究成果

スポンサーリンク

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

今日は朝から健康診断いって、午後から神田で打ち合わせ。健康診断、思ったより早く終わったので、オチャノミズ散策しました^^

オチャノミズ久しぶりだなあ。

某所のモダンイーグル。写真はイメージで実機ではないです。

塗装がピカピカではなく、つや消しでした。

このつや消し、、、

かっこいいな!

つや消しって、写真だとどうってこと無いのですが、実物は良い雰囲気で気に入りました^^

そしてハカネックにハカ指板。
ピックアップはRPと、初代モダンイーグルスペック、、かとおもいきや、24Fのアーム付きってことで、いかにもプライベートストックな感じです。

これは指板がすごかった。。。
導管少なく、黒々としてるし、滑らかでエロさすら感じさせます。ハカの指板はそれなりに本数見た事ありますが、見た目の美しさではトップクラスだったかも。

しかし試奏のアンプが、、、ちょっと売り場にあるギターとミスマッチすぎるんじゃないか、、、と。
クリーンも歪みもギターの良さをまったく出せてませんでした。もったいない。せめて普通の真空管アンプで弾けたら良かっただろうなあ。

というわけで、ギター本体のインプレッションはなしですw

もし、私がギター屋さんを経営するとしたら、試奏用のアンプは超良いものを置く方針でいきます。

ギター本体の素晴らしさも重要ですが、最終的な出音でノックアウトできたほうが、お客さんも思い切りやすいし、気持ちよく買えるのではないか、、、と。なおかつ、次の商売(アンプ)につながりやすいはずで、、、すべて丸くおさまる、、、はず。

さて、暑い中、ざっといろんな店をまわり、最後にG-Clubに。
かなり久しぶりです。

ゴールドトップのヘビーエイジドが入荷したばっかりという事で、弾かせてもらう。
グリーンが強いトップの色が良い。好み。

そして音ですが、ずいぶんカラッとしています。好きです。

でもゴールドトップとかなら、P90のほうがいいかな~、自分の他のギターとかぶらないしな~とか言ってたら、なんと54年のヴィンテージをおろしてくれて比較させてくれました。

・・・レスポールのヴィンテージって初めて触った
※(訂正)トミーさんのギターを触らせてもらってましたので2回目でした^^;

エイジドでは出ない貫禄。
ギター買う時は音よりも見た目から入る私。

トク・・ン・・

ヤだ、かっこいい。

しかも、P90で弾くクリーンやクランチの、ファットでありながら、シャリーンという鈴鳴りのような感じがかなり好きなんです。

54年製か。
60年前ですねえ、、、などと、まるで、今日は明日からみれば昨日ですねみたいな中身の無いことを言いながら弾かせてもらいました。

ま。これはいいわぁ。やだもう、いいわぁ。

でも、所有ギター4本中、3本がレスポールな私に、これ以上どうしろというのか。。。

もともと、ヴィンテージにはほぼ興味が無いのですが、ゴールドトップとテレキャスターをもし買う事があれば、その時はヴィンテージも考えたい、そう思いました^^

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました