【後編】NAMM 2015いろいろ出ましたね

この記事は6年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

時期を逸してますが、後編はギター関連以外です。

moogが、当時のモジュラーシンセを復刻するそうです。

・・・

ちょっと、これwww 激しいww

ハンダ付けまで当時の方法を再現するこだわりだそうです。

いわば、シンセ界のヒスコレですね。これはすごい。3万5千ドルなので、日本円で400万近いものになりそうですね。

このところヒットを飛ばし、経営が順調に見えるmoogですが、これはちょっとやり過ぎちゃったのではないかと心配です。

今回シンセ周りでは、これが主役ですかね?

moogと同じく、アナログシンセ界の名機、Arp Odysseyが、Korgの手によって復活したそうです。当時のArpの開発者だか社長だかを招聘して開発してるそうです。

実機より一回りコンパクトになったようですね。

デザインも上の写真の初期ものから

この黒いのが通常版かな??
ともかく計3種類くらい出るそうです。昔の復刻バージョンは限定品のようです。

お値段は10万円だそうです。
もっと馬鹿高いものになるのかと思ってましたが、そうでもないようです。

そして、Logicがアップデート!

10.1になりました。

いろいろ変わってるようです。ピアノロールみたいな基本的な画面が強化されてそうなのは好印象。

ファンシーな新機能より、基本的なところがより良くなるほうが、愛が高まります^^

ただ、Cubaseのコードトラックのような、作曲支援的な機能はちょっと気になる。

さっそくアップデート(無料)してみます。

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました