ケイデンス(回転数)意識したら一気にタイムアップな上、疲労度が低くなった。

最近、移動中や帰宅後も自転車関係の情報ばっかり漁っていて、ギターやDTMが全然やれない状態です。いやー、、、ロードバイク面白え。

さて、自転車用語で「ケイデンス」という言葉があって、これは1分間に何回ペダルを回すか、という意味です。60なら1分間に60回ペダルが回ってるということになります。

さて、これまでの自分の記録をStravaで見ると、平均は60〜65RPM。

どっかの動画か記事で、初心者はケイデンスを高めにしましょうみたいなのがあったのを、今朝の出発目に急遽思い出して、高めにしよう!と思って出かけたところ、驚きの結果だった。

とりあえず90を切らないというペースにしてみる

ケイデンスを高めるということは、ペダルをたくさん回すということです。重いギアだとすぐ疲れますから、ギアはこれまでよりも軽めになります、自然に。

100を超えてきたらギアを一つあげて、、、という感じでやってみたのですが、ペダルが軽いので楽です。

これまで自転車というものを乗っていて、こんな長い時間クルクルとペダルを回したことはない気がします。全体的にもっと重いギアでもっとゆっくり回すような乗り方しかしたことがありません。

軽いギアでクルクル回すということは、回してる割に進まない、ということなので、もっと踏みごたえのある重いギアにしたくなるわけです。

ただ今回は90以上を維持すること自体が目的。タイムは気にしない、、、と思ってふとサイコンを見ると、速度が33km/hとかになっている。

あれ・・・?

いつもより速い?

坂道でも同じ考え方でケイデンスを維持できるまで軽くする

とりあえず90を切らないようにどんどんギアを軽くしていきます。しかし、坂道だと80台まで落ちてしまいました。一番軽くまではしてなくて、今思えばフロントがアウターだったので、次回はここをインナーに落としてケイデンスを維持してみたいとおもいます。

ただ、結果的にStravaのセグメントでは圧倒的に速くなってました。

多摩サイクリングロードの直線4.6kmでも大幅タイム短縮

上が今日で下がこれまでのベスト。-24秒とありますが、これ上のタイムから下のタイムを引き算した結果をそのまま表示してますね。。。一般的なタイムの考え方したら「24秒遅い」と出すのが自然。早く直して欲しい。

今朝はケイデンス維持が目的なので、スピードを出そうとはしてませんでした、しかし結果的に、24秒もタイムが速くなった。

しかも、これまでのタイムでは本当に最後死にそうになって、一人でヤバいくらいにぜーはーぜーはーしているわけです。ちょっと休まないとやばい感じで息苦しさはほぼMAX。

が、今朝はどうでしょう。

多少息が切れた程度です。めちゃくちゃ大きな違い。全然楽!

サイコン記録によるとこの区間の平均速度が30.6km/h。歩行者や他の自転車の関係でスピード緩めないといけないので状況次第ということはありますが、一気に平均が4km/hも上がったというのは驚き。

後半はケイデンス100以上にあげてみると

ある程度高いケイデンスを維持できるギア選択する方が疲労度が低くてスピードは速い。

ロードバイクというのはこうやって乗るのか、、、と目から鱗。

これ、同じギアでも90維持ではなく100維持にすればもっと速くなるなあと思い、後半は交通事情が許す範囲で100RPMを維持するようにトライしてみました。

今日試した場所だと、90維持だと、27~32km/h巡行くらいのイメージで、100維持だと30〜34km/hくらいになる感じでした。

今朝の多摩サイクリングロードは90維持でやったのですが、次回は100維持でやってみたい。

一つ重くして90RPMか、軽いままで100RPMか?

そこで疑問なのは、果たして適正なケイデンスというのはどの程度なんでしょうか?ということですね。

これはすぐに調べなくては。

ただ、今日の感じだと、多分1つ重くして90よりも、軽いまま100のほうが良さそうな気がします。

良さそうというのは、疲労度が低くおさえたまま平均速度が上げられそうな予感がします。

だったらさらにケイデンスをあげたらどうなのか?110とか120とか?

一回シフトダウンが速すぎて、一時的にケイデンスが120後半とかになったのですが、お尻がぽんぽん跳ねてしまいます。120RPMというスピードでペダルを回転させること自体ができないw

これはひょっとしたら技術的に上がってくれば回せるのかもしれませんが、今日の感じだと当分無理だな、と。

100を維持して110を超えたらシフトアップが、当面良さそう。

あるいは90維持で100でシフトアップ。

しかしこれ、筋力が上がってくればケイデンスは同じままでギアは一段重くしていけるってことですよね。そうやって速くなっていくのかな、と書きながら思った。

圧倒的に疲労度低い。カロリー消費も減った(悲報)

平均ケイデンスをあげることによって、圧倒的に疲労度が減った。いままで重いペダルを力で踏んでたんだなあ、、、と気づきました。

現実的な疲労度もめちゃくちゃ軽くなったのですが、驚くべきことにサイクルコンピューターの推定消費カロリーも減った。

しかし平均速度上がってるので、総合タイム自体も結構減ってるのに。なんかすごいよくできてるなあ。。

しかし今朝の20km後の疲労度からすれば、これ2周目いけちゃうな、って感じでした。それくらい違った。

いやあ、ロードバイク面白っ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました